【Python】 Anacondaでのモジュール追加方法

今回はPythonでコードを書く際に必要なモジュールのインポート方法について説明していきます。
私はPythonインストールの際、仮想環境を簡単に作れることや、開発環境を整えやすいことを理由として、AnacondaをインストールしてPythonを使用しています。

今回紹介する内容はMACでのモジュール追加となりますので、Windowsとは手段が若干異なるかも知れません。

Anaconda

Pythonはほとんど全てのシステム開発ができるほど優れたプログラミング言語ですが、いざ開発する際には、必要なライブラリのインストールや、Pythonのバージョン設定など様々な手間が発生します。

そこで開発環境整備の煩わしさを手助けしてくれるのが、Anacondaです!
Anacondaは、データサイエンスを始めとする科学技術計算のためのプラットフォーム(環境)です。
Pythonだけではなく、様々なコマンドやプログラム言語も提供しています。

インストール及び開発環境設定

Anacondaのインストーラーは下記リンクのホームページから入手します。

https://www.anaconda.com

リンクをクリックし、ホームページが開いたら、各種Windows

「Get Started」をクリック→Anaconda Installersをクリック。
使用しているOSに合わせてインストールすればAnacondaを導入できます。

Anaconda ホームページ

ホームページより、開発環境を決定できるのですが、株などで統計を扱う場合はJupyter Notebookがおすすめです。理由としては、Webアプリケーションによる視認性の良さや、対話型プログラミングにより、実行結果をすぐ反映させることができるメリットがあるためです。

Anacondaにはある程度のモジュールが既に入っていますが、入っていないものも当然あります。
そこで、必要なものは適宜自身でインストールしなければなりません。

Anaconda ホームページ

モジュールのインストール方法

ここから、モジュールのインストール方法について説明していきます。
まずは、Anacondaの「Environments」タブをクリックします。
次に、下図に示すように進んでいきます。ここで、真ん中のウィンドウは自身で構築した環境を選択できるスペースです。インストール時にはbase(root)というデフォルトの環境のみしかないため、必要であれば下図のように新たな環境を構築してください。(念のためデフォルトの環境はいじらない方がいいかも。)

環境設定

【22年8月追記】

プレインストールされていないものは自分で追加していく必要があります。
プレインストールされているものに関しては上記画面の右側でタブを「Installed」に選択することで確認できます。
モジュールはあらかじめそれなりの量入っているため、確認する際は検索がおすすめです。


③は再生ボタンのようなアイコンをクリックして、Open Terminalをクリック

Open Terminalをクリックしたら、Conda Promptが起動します。
指定した環境がウィンドウ上に反映されているか確認してください。
そして、インストールするために以下のコードを打ち込み、Enterを押します。

conda insall 【package名】

注意点としては、モジュール名に「_」がある場合、「-」に変更しなければインストールできないことがあります。

うまく入力ができたら、インストールする確認する画面が出てくるため、「y」を入力してEnterを押します。
これでモジュールインストール完了です!

紹介になりますが、以下の記事はPythonの基礎的な内容になります。

データ解析などでよく利用するリスト表記について細かく解説しているのでよろしければご覧ください!

python_list

まとめ

今回は、PCにPythonの環境を構築するための手順を記しました。Anacondaをインストールすることで必要なモジュールはそれなりに揃うため、モジュールのインポートはそんなに必要ないかもしれません。
もしもAnacondaにデフォルトで入っていないモジュールが必要な時は、今回の記事を参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
shota_py
メーカー勤務のエンジニアです。 自分の趣味である、「電気回路」、「ガジェット」「株式投資」、「Python」に関する記事をつらつらと書いています